この投稿をInstagramで見る

 

Lisa Larson JP(@lisalarsonjp)がシェアした投稿

 

 

最近よく耳にする

北欧インテリア”という言葉。

 

日照時間が短くても

明るく過ごせるようにと、

北欧の人々は居住空間を

とても大事にするようになったそうです。

 

 

木のぬくもりを感じるお洒落な家具と、

アート作品がバランス良く置かれた空間には

誰しも憧れてしまいますよね。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vitra Japan(@vitra_japan)がシェアした投稿


 

そして、アート作品には、

空間にメリハリをつけて

自分の好きな雰囲気をつくる

という役割があります。

 

 

しかし、

マルセ
アートって言っても、どんなのが良いかわからないんですけど・・。

 

と思う方もいらっしゃると思います。

 

 

そこで今回は、

マルセがオススメしたい

北欧のアートオブジェ3選

をご紹介したいと思います。

 

 

素敵なお部屋づくりの一助になれば幸いです(^^)

 

 

可愛らしくて癒される、北欧アーティストがつくる《オブジェ》

愛嬌のある動物オブジェが可愛い《リサ・ラーソン》

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lisa Larson JP(@lisalarsonjp)がシェアした投稿

 

 

フィンランドを代表する、

女性陶芸アーティストの”リサラーソン ”。

 

 

北欧インテリアが好きな人では、

知らない人の方が少ない程、

大人気のアーティストです。

 

 

リサラーソン 氏が作り出す作品は

本当のペットのような愛嬌が感じられ、

そこに存在するだけで癒しを与えてくれます。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

shima(@shima.ie)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

Anna(@pi___mu)がシェアした投稿

 

 

人や花など、

様々なモチーフ作品がありますが、

特に人気なのが《動物シリーズ》。

 

  • ライオン
  • トナカイ
  • しろくま

 

など、

可愛らしいキャラクターが、

次々誕生しています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

maiko(@maiko5183)がシェアした投稿

 

 

ほっこり癒されるデザインが好きな方

お部屋に少しユニークな可愛さを加えたい方

オススメのアイテムです。

 

 

 



 

シンプルで美しい、”ヴィトラ”の《イームズハウスバード》

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vitra Japan(@vitra_japan)がシェアした投稿

 

 

次にご紹介するのが、

スイスの家具メーカー・ヴィトラの、

《イームズハウスバード》

 

 

アメリカの有名建築家夫妻、

チャールズ&レイ・イームズが自宅に置いていた

民芸品の鳥の彫刻をモデルに作られたアートオブジェです。

 

 

シンプルで滑らかな曲線が美しく

重厚感のあるデザインが魅力。

 

 

 

 

 

カラーは、

黒・ウォールナットの2種類

 

高級感のある黒はスタイリッシュな部屋に、

木目の美しいウォールナットは、

ナチュラルなインテリアのお部屋によく似合います。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

しー(@shio_housegram)がシェアした投稿


 

 

直径30cmと、

存在感を放ってくれる大きめのデザインも◎。

 

空間を洗練された雰囲気に演出してくれます。

 

 



 

 

着せ替えファッションも可愛い、フィンランドの”シロクマ貯金箱”

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@s.ppei__)がシェアした投稿

 

 

最後にご紹介するのはシロクマ貯金箱

 

昔にフィンランドの銀行がノベルティとして

制作していたアイテムを復刻したものです。

 

 

厳密には、

アート作品ではないかもしれませんが、

その可愛さからインテリアグッズとして

購入する方も多い商品。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

✿いよ✿(@mi_home14)がシェアした投稿

 

 

最近では、

マフラーや帽子、メガネなど、

自分だけのデザインになるよう

着せ替えを楽しむ人も多いようです。

 

 


 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

北欧ヨーロッパ発の、

ほっと癒してくれるアイテム

3つご紹介してみました。

 

参考になれば幸いです(^^)

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事